築20年のマンションを売却するために

築20年のマンションを売却するために

マンション6

資産価値としてマンションを所有し、売却をするならば話は別ですが住居として住み続けていたマンションを売却する際に新築同然の状況で売るという事はかなり少ないです。ローンの返済などもあることから築20年以上経過した部屋を売ることもとても多いでしょう。

売る側も立場からすれば築20年も経過した部屋が売れるのだろうかと心配になることも多いのではないでしょうか。

築20年のマンションでも売れる

マンション9

まず結論から言えば築20年のマンションでも問題なく売ることはできますし、買い手は見つかります。

飼い主側の立場で考えてみると人気があるのは築10年未満の比較的新しい物件だというイメージが強いですが、実際にデータを見てみると実は購入した人の5人に1人は築20年前後のマンションを選んで購入しているのです。

築20年のマンションが一定の人気を維持している最大の理由はやはり新築のマンションや築浅のマンションと比べると購入費用が圧倒的に安いという点です。さらに、築20年のマンションであれば新耐震基準で建築されている物件なので、阪神大震災のような強い地震にもある程度耐えられることから、強度的にも問題ありません。

そして、マンションというのは建築された直後から資産価値が下がっていくのですが、築20年というのはほぼ底値でそれ以降はほとんど資産価値が下がることはありません。また、築25年以内ならば住宅ローン控除を利用できるというのも購入する側からすれば大きいです。

このように一見資産価値がないように思える築20年のマンションですが、購入する側からすればたくさんのメリットがある魅力的な物件なのです。

さらに、近年はリフォームする人も増えてきていて、リフォームをあらかじめ計画している人からすれば強度さえ問題なければマンションはできるだけ安く買えたほうが都合が良いのです。

しかし築年数は査定額に大きく影響することは紛れもない事実

ここまでは築20年のマンションでも問題なく売れることを解説してきましたが、実際に売却するための金額を決める査定において、築年数は大きく影響することは紛れもない事実です。

マンションが建っている場所やそのマンション事態の設備などによっても多少左右されるものの、同条件の新築物件と築20年のマンションとを比べると資産価値はだいたい半分くらいになります。

ですから、新築マンションを買った場合、その価格が4,000万円だったとするならば築20年経過しているとだいたい売却価格は2,000万円くらいになっているとかんがえれば相場から大きく外れることはないでしょう。

自分が住んでいた部屋には愛着もあるでしょうから、ついつい高い査定額をつけてしまいがちですが世間の相場を客観的に見ておくのが築20年経過したマンションを売る際の秘訣の1つと言えます。

希望の値段で売るためには不動産会社選びを念入りに

マンションを購入するときも不動産会社が必要不可欠でしたが、マンションを売却するときは購入するとき以上に重要なパートナーとなります。一般的には優れた不動産会社を見つければ8割がた物件の売却に成功すると言われているほどです。

飼い主からの人気が高い築10年未満のマンションを売るのであれば適当に宣伝をして適正な売却価格に設定しておけばすぐに買い手が見つかるでしょう。しかし、築20年が経過しているマンションの場合はどういった人に売るのかターゲット設定をしっかりとおこなった上で、どのような宣伝をしてマンションの魅力を伝えるのかなど、戦略的な販売計画を立てなければなかなか買い手が見つかりません。

優れた不動産会社は築年数が経過した物件を売るためのノウハウをあらかじめ身につけているので物件を見ただけでどのような宣伝をすれば良いかを考え、提案してくれます。不動産会社選びは念入りにおこなうためにも時間には余裕をもって売却活動をはじめるようにしましょう。

不動産会社のチェックポイント

マンション10

不動産会社には得意分野がそれぞれあります。マンションを売却するのであれば不動産の売却が得意な不動産会社に依頼するのがベストです。不動産売却に強い会社かどうかを見るにはそれぞれの不動産会社の売却実績を比較するのが一番です。

不動産会社は大きく分けると大手不動産会社と地域密着型の不動産会社があるのですが、都市部の場合は集客力がある大手不動産会社が圧倒的に強いです。まずは大手不動産会社をいくつかあたってみると良いでしょう。一方、地方の場合は地域密着型の不動産会社のほうが強いことも多いです。

地方の不動産会社で不動産売却に強いところは強力なコネを持っていることがあるため、独自のルートで購入希望者を見つけてくれます。

不動産会社を訪れる前にチェックできる項目

その不動産会社が優れたところかどうかの判断は最終的にはやはり実際に自分でその不動産会社を訪れ、担当者と話をして判断する必要がありますが、不動産会社を訪れる前に優れた不動産会社かどうかをある程度判断することができます。

まず気になる不動産会社があったら、その不動産会社がホームページを持っているか確認しましょう。インターネットがすでに普及している現在でホームページも持っていないような不動産会社は集客力に大きな問題があるため避けておいたほうが無難でしょう。

ホームページが確認出来たら、まずは免許番号と行政処分歴を確認してください。そもそも不動産の売買をおこなうためには宅地見物取引業の免許が必ず必要です。この免許がある業者であれば自治体から不動産販売の許可を受けている不動産会社であるという証拠になります。

これらの情報がわからない不動産会社は場合によっては無謙虚で不動産の売買をおこなっている可能性があるため依頼しないようにしてください。気になる不動産会社があったら口コミがないかどうかも確認してみると良いでしょう。

口コミには実際にその不動産会社を利用した人のリアルな声が投稿されています。優秀な不動産会社であれば肯定的なコメントが多いでしょう。自分の物件を高く売ってくれるかどうかを判断するには一括査定を利用するのがもっとも手っ取り早いでしょう。

物件の情報を入力するだけで近所にある不動産会社の査定額が一挙に表示されます。その中から特に高値を付けてくれる不動産会社を選べば思っている以上に高値で売却してくれるかもしれません。しかしながら、他の不動産会社と比較してあまりにも高い査定額を提示している不動産会社も要注意です。

その不動産会社はとりあえず契約を結ぶことだけを目的としていて、実際に契約しても宣伝活動を全然してくれない可能性があります。

関連サイト|マンションの売却